白髪染め指輪剤の一種である白髪染めに通じる酸化染料は、通例や肌の状態により、かぶれを引き起こすケー。白髪染めによるかぶれは、十中八九、酸化染料のアレルギーによるものですが、白髪染めに含まれる過酸化水素水やアルカリ剤の糧によるものである場合もあります。パッチテストは、事前に上腕に白髪染めの薬剤を僅少塗り、使用してもそういったケンカが起きないかを事前に確認するものです。

白髪染めに含まれる薬剤においてアレルギーがあるって、素肌の炎症やかゆみといった素肌異常が起こります。使い続ける結果アレルギー異常がひどくなったり、落胆をともなう異常が全身に出ることもあります。これまで異常がなかったほうがぶらりとアレルギーを起こすこともある結果、染毛髪前には各回必ずパッチテストを行う必要があります。

パッチテストの手段

着色前のパッチテストのやり方の場合をご紹介します。現にパッチテストを行う場合には、使用する品の実践解説に従って行ってください。

①テスト液をつくる

パッチテストには、現に使用する白髪染めの液と同じものが必要です。小皿などに1液といった2液を指定された割合で混合し、テスト液を作ります。品によってはパッチテスト照準に薬剤を細分として要る売り物もあります。

②上腕のインテリアに少なく塗布する

綿棒などを活かし、上腕の内側の瑞々しい部分にテスト液を小さく塗ります。塗った後は人並みドライし、数分たっても乾かない取り分は取り去ります。テストミドルは、シャワーなどで洗い流してしまわないように注意してください。

③素肌のスピードを確認する

テスト液を塗って半程度で、ひとたび素肌のスピードを確認します。テスト液の糧による一瞬糧性素肌炎が起きるか、短時間に掛かるアレルギーリアクションが起きていないか確認します。

④ふたたび確認する

半経ってアレルギーリアクションが起きなければただただ見逃し、48年月後に素肌のスピードを確認します。酸化染料によるアレルギー性接触素肌炎は、終日以降に現れることが多く、塗布48年月後に最も強いリアクションとなります。こういうときの素肌スピードをチェックすることが必要です。

パッチテストで不安定が見られた際

パッチテスト中に、かゆみ・発疹・湿疹・浮腫などが出た場合には、アレルギーリアクションが起こっていらっしゃる。一気にテスト液を落とし、着色剤は使用しないようにしてください。

特定の物がアレルギーの原因になるのではなく、白髪染め剤に配合される酸化染毛髪剤に関するリアクションにつき、一旦アレルギーリアクションが見られたヒトは、酸化染料が留まる全ての白髪染め品(恒久染毛髪料金)の実践を避けたほうがよいでしょう。微量もリアクションが出る恐れがある結果、パッチテストも打ち切ることをおすすめします。

 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

新技術!!ラメラ構造化粧水はあなたを変える??

ラメラ構造といえば、コンシダーマル

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡